タクシードライバーの収入

脚

給与体系には種類がある

タクシー運転手の年収は全国平均で300万円程度と言われていますが、地域によってかなり差が激しいうえに個人差もあるため平均値はざっくりとした目安と考えたほうがよいでしょう。東京都内のタクシー運転手なら平均年収は400万円と跳ね上がりますので、年収の個人差が大きいのがこの職種の特徴です。またタクシー運転手の給与体系には種類があり、ほとんどの会社が歩合制で支給していますが、そうではない場合もあります。歩合制の場合、タクシー運転手は個人の売上が収入に反映されるため、工夫して売上を伸ばすことで年収を上げる必要があります。ほかには固定給与制があり、この場合は毎月決められた額が支給されるため収入は安定するものの、個人がいくら頑張っても年収は上がりません。また完全歩合制というものがあり、売上額から定められた割合が支給されるため、売上を上げれば上げるほど年収が上がります。近年は固定された基本給にプラスして歩合の分が加算されるプラス歩合給制が増えており、一定の安定とやりがいとを両立させた仕組みの採用が広がっています。頑張って客を獲得した人としていない人とが同じ待遇では納得がいきませんし、客がつかまらないと収入がないようでは生活ができません。どういった給与体系が向くかはドライバー次第ですが、タクシー会社ごとに給与体系は異なるため、あらかじめチェックして応募する必要があるでしょう。ちなみにタクシー運転手に就くためには第二種免許が必要で、モータースクールでかかる費用相場は20万〜25万円ほどです。一発試験を受ければ約1万円という費用で済みますが、客を乗せる商売なので試験の採点は非常に厳しいです。